ゆっこのスペイン語学習奮闘記

TOEIC受験は卒業、これからDELE A1〜 B1取得までを目指す私の奮闘記。スペイン語学習者と少しでも繋がれて励まし合えればうれしいです!

アンティグアのスペイン語学校で習ったこと Part 2- 先生と女性問題について語る

本日 3日目レッスンでした。

だいぶ先生とも打ち解けてきたのもあり、本日は会話中心でした。


先生と私はお互い女性同士、自然と会話はグアテマラと日本の女性問題の話題に!


スペイン語初心者の私がこんな高度な会話ができるって不思議でしょ?

でも意外と分かり合えるんです。


私が話していてどうしても出てこない単語は、電子辞書使って素早く検索、

一方、先生の言ってることは、英語の日本語発音を聞いているようで、不思議と理解できてしまいました。


先生の年齢は聞いていませんが、おそらく会話から40歳くらいと思われます。


先生の世代では、

Mujeres guatemaltecas se casan a la edad de 18 - 19 años.


が当たり前だったようです。


そして、カトリックという宗教がら、離婚はご法度、離婚してしまうと差別を受けたそうです。

友達が離れて行くことも珍しくはなかったようです。

女性は結婚して、誰かの嫁であるのが当たり前の時代だったんですね。

(まあ、日本も私の母の世代は同じでしたね。)


descrminacion = discrimination


10数年前、ある離婚歴のある26歳の女性が、キッチンのガスレンジを買いにお店に行くと、店の若い男の子が、フォームに記入するように要求してきたそうです。

そこに夫の記載項目があったので、夫はいないので書かないというと、なら売ることは出来ないと言われたそうです。彼女はたいそう憤慨して、私が買うんだから関係ないでしょうと言っても譲らず、結局、別の店に行かざるを得なかったそうです。

(ここは 日本と違うかな。日本はお金を持っていれば高額な買い物を未婚女性でもできますよね。)


今でも、女の子は、中学1-2年で学校を辞めてしまうそうです。

一応、中学の3年間は義務教育だそうなのですが、父親の方針で、足し算とアルファベットがわかればそれ以上の教育はいらないからだとの事でした。


そんな女の子たちのその後の行き先として、ベビーシッターがあります。


グアテマラでは、保育園に子供を預けることは、子供にとってはものすごくかわいそうなこと思われいるそうです。

子供を預かって欲しい時は、まず身内を頼るそうで、両親、自分の姉妹、自分の兄弟、それでもダメなら兄弟の奥さん、それでもダメなら、ベビーシッターに頼るそうです。

まあ、日本と違って兄弟がそもそも多いから身内にも代わる代わる頼れるんでしょうね。

(先生も9人兄弟だそうで、先生の父親に至ってはなんと18人兄弟だったそうです。前妻と後妻の子供達を合わせてだそうですけど。)



なので、アンティグアのは保育園はたったの一箇所しかないそうです。

しかも料金は無料なんですよ!


それでも子供の父親が反対するので、必死でベビーシッターを探すそうです。


探し方は主にクチコミ。

近所の評判を聞いたり、道を歩いている女の子を質問攻めにしたり。

だいたい兄弟の多い長女が狙い目だそうです。なぜなら、すでに経験豊富だからだって(笑)


でも、しみじみ思ったのは、教養もなく、キャリアも持てず、若くして家庭に縛られる女性は決して幸せではなく、自由がないこと。


ちょっと前の私の母の世代もそうでした。


わたしの母は実家にお金がなくて高校を出てすぐ働かざるを得ず、いつかお金を貯めて大学に行こうと思っていたら今の父と知り合い、結婚したら大学に行かせてあげるという言葉を信じて婚約したら、すぐに妊娠。

死産や乳児で亡くなった子合わせて5人の子供を次々産んでたら、大学行く気も失せただろうなぁ、と同情します。

ピルなんて無い時代、避妊も男性任せでしたからね。


それに比べると、私は教育も十分受け、キャリアも順調にアップでき、そのおかげで自由を手に入れられています。


確実に私たち世代の女性は自由を手に入れている、そしてその責任も同時に。

もっと世界中の女性が生きやすくなれる世の中に変えていけたらなと思います。


いろいろと考えさせられたレッスンでした。


今回の会話で必須だった単語


mi generación = my generation

obligación = obligation

salario = salary

niñera = babysitter

guardería = daycare center

primaria = erementary school

secundaria =junior jogh school

bachillerato = higo school

mismos lugar = same place




お勉強で一杯なので、観光の話は帰国後にしまーす。

アンティグアのスペイン語学校で習ったこと Part 1

アンティグアでのスペイン語学校は、日本人が経営するATAVALに通っています。なぜここにしたかというと、やっぱり全然知らない土地に一人で行くし、日本人がいるってだけで安心度が増すと思ったからです。あとは色々調べていくうちにこんな本を見つけました。


グアテマラの弟
グアテマラの弟
幻冬舎
2013-07-12
Kindle本


なんとオーナーは、俳優、片桐はいりの弟さんだったんです!

行きの飛行機の中でこの本を読破した私は、すっかりまことさんに親近感を持ってしまいましたー。

申し込みは日本からWebフォームで行ったところ、すぐに丁寧な日本語でご本人からお返事がありました。

やっぱり対応が早いのはさすが日本人!って感じでした。


木曜日に到着したら、まずは学校に来てみてくださいね、と言われたので、到着して一眠りして、午後に学校を訪れました。


年末年始のお休みがあるので、29日(金), 2日(火)~5日(金) の合計5日間で通うことにしました。


今日はその二日目。

一日目は規則動詞の現在形を学び、今日は不規則動詞の現在形でした。

会話を多くしたいと希望してあったので、先生はどんどん質問してくれるんだけど、ボキャブラリーがあまりにも乏しくて、電子辞書に頼りっぱなし。

情けない。。。


でも現在形しか習っていないので、過去の話も未来の話も全部現在形でOK。

このおおらかさがいい!

いや、本来会話は過去形、未来形、はたまた現在分詞とか完璧に覚えないと正しく会話なんてできないけど、現在形でいいって言ってくれるとそれなりに喋れるもんですー。


英語の時はすべての活用を完璧に覚えてから会話を勉強したから、最初あんなに戸惑って喋れなかったんだぁ、とー今更ながら実感しています。


英語は今でも喋った後に自分自身の文法のミスに気づいていやぁな気持ちになるけど、スペイン語の場合はもっとおおらかな気持ちで話せそうな気がします!


さて、規則動詞で習ったもの、かつ意味があやふやだったのを、復習のために列記します!


-ar

caminar 歩く

desear 望む

pagar 払う

llegar 着く

llevar 持っていく ーファストフードでお持ち帰りは Para llevar.

olvidar 忘れる

pescar 釣る  ーpescadoが魚を意味するからわかりやすい

nadar 泳ぐ

cenar 夕食を食べる

esperar 待つ

pintar 描く

descansar 休憩する

tirar (basura) (ゴミを)捨てる


-er 

aprender 学ぶ


-ir

dicidir 決断する

asistir 出席する 援助する


"ue"と変化する動詞

almorzar  ー昼食は、 almuerzo

recondar 覚えている

contar 数える ¿Cuanto cuesta? で、いくら?

morir 死ぬ ー Mi madre esta muersa. 私の母は亡くなっている。

encontar 見つける 出会う

acordarse 決定する


今日のまとめはこんなところで!





アンティグアからパナハッツェルへ一日観光ツアーの参加を決めた!

アンティグアについた初日。

街をぶらぶらしているといくつかの旅行会社を見かけました。


今回はスペイン語学習が目的なので、いつもは旅の前に必ず熟読する地球の歩き方も、今回は全くチラ見すらしておらず、、、でも旅行会社の看板を見ていたら、ムクムクと行きたい気持ちが湧いて来てしまいました。


5 calle を北に進むとすぐ左手にあるお店、Fonda de la Calle Realをランチの後に出て北へ進み、同じ道沿いにある旅行会社AVIATURを覗くと、人懐こそうなおじさんの手招きに導かれて中に入ってしまいました。


"¿Hable inglés?"


と聞くと、お隣に座っていたお姉さんが英語で対応してくれました。


明後日の土曜日催行するツアーに参加したいけど、お勧めはあるか尋ねたところ、パナハッツィエルの湖をおすすめされました。ボートで三か所の村をめぐるから絶対に楽しいよ、と言われ、たったの75USドルだからとのことでした。


正直、なんの下調べもしていないので、高いか安いかもわからない。。


仕方がないので、ガイドが英語を喋ることを確認した後、明日また来ますと伝えると、ビジネスカードを渡してくれ、「70ドルでいいから!」と頼んでもいないのに値引きしてくれました(笑)

即決しなくてよかった。


部屋に戻って調べてみると、フランス旅行の時に使ったVELTRAよりも20ドル近くお得なことがわかり、翌日、申し込みに行きました。


結果、いろいろあったものの参加して大正解でした!



朝5時半から6時にドライバーが迎えに来るというので、早起きしてロビーで待っていても、来やしない(笑)

まあ、ラテン文化だからねぇと自分を落ち着かせていると、ようやく6 時15分くらいにお迎えはやって来ました。


しかも、ドライバーさん、英語は喋れないって言うし。


最初から不安いっぱいでしたが、そのあと2組6人をピックアップしてパナハッツェルへ!

8時40分ごろに到着すると、ここでようやく英語を話すガイドが登場(ほっ!)


9時に出発するからそれまでコーヒーや朝食でも摂って待っててね、といわれました。

コーヒーはペンションの共同キッチンで作ったものを水筒にいれてあったし、車の中で日本から持って来た美味しいダックワーズも食べたのでお腹は空いていなかったのに、メニューの写真に惹かれて頼んでしまった。


なんと言ってアボカド大好き❤アボガドたっぷりのトースト10ケツァール、カフェラテ15ケツァールでした。美味しかった〜



たびの中身は次回にご報告します!